5080481
Paradoxkennel BBS ☆ 猟犬・繁殖・管理・狩猟・猟銃等の掲示板 ☆ ホームページは http://kumon.ptu.jp/ です

お名前
Eメール
タイトル
メッセージ
メッセージ中には参照先URLと同じURLを書き込まないで下さい
参照先
イメージ   [イメージ参照]
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

掲示板へ直接アクセスした場合には投稿できません。トップページから入り直してください。

◆ 難しい課題に挑戦する事になった! 投稿者:   HomePage  引用する 

 昨日猟友N君とN君の猟友3人でキジ猟に出かけた。
2月24日に競技会が行われるがN君曰く俺の犬(英セ牝)はウズラを知らんっと言うので1羽ウズラをウズラ玉に入れてお土産に持って行き適当な場所へウズラ玉のフタを開けて放鳥し風下から僕がチェックコードをつけて誘導する・・・N君はウズラの臭いを知らんと言っていたが感度の良い着臭でポイント・・・すぐに飛び込むがウズラが飛翔しない・・・!
次の飛び込みで銜えると判断しブランクガンを1発鳴らした。
これが僕の大失敗である・・・! ウズラに一切興味が無くなり主人や僕たちのご機嫌取りに終始し始めた。
N君に詳しい事情を聞くと撃ち落とした獲物を銜えないし銃声を聞くとN氏の元へ帰って来ると言うのである。
前もってこの話を聞いておけば良かったのだが既に遅い・・・えらい失態を犯してしまった。
このN君の犬は今年で三猟期めなので!まさかガンシャイになっているとは・・・?
さて、このN君の英セを全猟高知県支部春期猟野競技会の若犬部門へ出犬する為の訓練を行わなければならない。
今回愛犬エリーと共猟してみると相当レンジが広い・・・って言うか暴走気味である。
特に車の近くに来ると繋ぐ事が出来ないのである。
競技会までにガンシャイは後の課題としても!呼び戻しと対象ゲームが放鳥ウズラの為にウズラを教えないと出犬出来ないのです。
1週間後には何とかこの問題を解決できる様に矯正訓練をやらなくては・・・?
今後の矯正訓練の結果が楽しみであります。
ちなみにキジ猟は2時間30分河川敷を走らせ愛犬エリーが牝キジ1羽のみ今回もボウズであった。
まだ牡キジが3羽以上居るはずだがどうやら勝負は来年へ持ち越しそうである。
撃ち落とさないので減らないし逃避力は益々学習して上手くなる。
2008/02/12(Tue) 07:47:34 [ No.453 ]

◆ DVD有り難うございました 投稿者:峨廊庵    引用する 

お早うございます。バタバタしていてDVDのお礼が遅くなりました。申し訳ありません。強風の中ごくろうさまでした。飛び込みが良いのに驚いています。昨日は大阪や東京も雪が降っていたので心配しましたが、こちらは雨で今は晴れています。午後から兄弟子の今猟期最後の出猟にドッグボーイを務めます。今猟期はコジュケイの出会いが少ないものの、雉・山鳥はまずまずで(獲れないから減らない)楽しんでいます。猟期が終わり、ポジティブ・ガンドッグスの翻訳が終わりましたら、DVDをじっくり鑑賞します。有り難うございました。
2008/02/10(Sun) 07:37:37 [ No.451 ]
◇ Re: DVD有り難うございました 投稿者:   HomePage  引用する 

今日はパソコンの調子が悪くやっとつながりました。

>飛び込みが良いのに驚いています。

ありがとうございます!
これが僕の今回の訓練結果で一番自慢したい課題の一つだったのです。
もう一つは弟の兄弟犬(ジュン)の呼び戻し訓練が成功した事です。
 愛犬エリーはどの大会でも予選落ちですが!この様な一つ一つの訓練は教えの通りに的確にやってます。

実は!一昨年春の競技会訓練途中たった1回の失敗で僕の自慢の飛び込み訓練の結果を台無しにしていたのですが?
焦らず状況を見極めやっと矯正できました。
鳥を飛翔させても引いても押しても”ガッチリ”不動のまま・・・どうしようもない結果になってました。
・・・っと原因はそろそろ飛翔をかっこ良く・・・って思い訓練中にたった1回(1発)ですが手首にコードが絡み足を取られて前向きに倒れたら良かったのですが運悪く後ろ向けに思いっきり倒れてしまい1発で完全なブレーキングを覚えてしまったのです。
僕が思うにストレスをかけて訓練した犬はこの程度では平気な犬もいると思うのですが?
エルフュー検車主がほとんど刺激のないワイアー・カラーで訓練しているのも・・・なるほどっとうなずけると思います。
2008/02/10(Sun) 10:56:41 [ No.452 ]

◆ 鶉玉とダミーを使った訓練 投稿者:   HomePage  引用する 

 鶉玉を使った訓練とダミーを使ったバッキング訓練DVDが完成しました。
御希望の方は遠慮なくメール等で御請求下さい。
早速ご送付いたします。
料金は勿論タダです。
アドレスは:kumonakio@hotmail.com
又は:akio@kumon.ptu.jp です。
2008/02/03(Sun) 21:21:23 [ No.450 ]

◆ 猟にでかけましょう 投稿者:素猟人    引用する 

猟期も残すところ20日位となりました。公文さんは猟犬の研究と訓練に没頭されているようですが、猟を実践されたら、より良い訓練ができるのではないでしょうか?
 温暖化の影響や山野の荒廃などによって、ゲームの状況や習性も変化しているように思います。私は明日26日から2日間きじ猟に出かけます。
2008/01/26(Sat) 00:02:03 [ No.445 ]
◇ Re: 猟にでかけましょう 投稿者:   HomePage  引用する 

書き込みどうもありがとうございます。
これからも遠慮なくドンドン書き込んで戴きます様宜しくお願いいたします。
仰るとおりです!
鳥猟犬にとって野生鳥に合わせて経験をさす事は「人間の考えや技術等では絶対教える事の出来ない」一番大事な課題です!僕も猟場の情報を聞いて狩猟にも曳いてます!
お蔭様で雉の出会いもあり雉が居ない時にはヤマシギ(ウッドコック)や鶉の出逢いがあり出猟でのノーゲームは運良く一度も有りません。
貧乏はしてますが「日本一暇な人間」だと思っていますので毎日でも出猟できますが?持病の神経痛が少し邪魔をします。ハハハ
僕はゲームを殺すのが趣味ではないので時々銃禁などにでも曳いてます。
今日は今から猟友3人で犬の社会化訓練を兼て「教える訓練」に出かけます。
僕の周辺のハンターは皆さん声を揃えて撃って噛まさないと犬は「仕上がらない」と主張します。
然しながら僕はその様に思いません!
主人(ボス)の為にゲームをポイントするのは其の犬のDNAに由来すると思っています。
其の為に大事なのが単なる血統では無く系統だと思っています。
ゲームを噛まさなくても立派にゲームを処理できる事はこの掲示板で紹介した「F君の犬」でお解かりと思います。
残り少ない猟期です!事故や違反の無いようにお互いに気をつけて頑張りましょう。
2008/01/26(Sat) 09:28:46 [ No.446 ]
◇ Re: 猟にでかけましょう 投稿者:素猟人    引用する 

きじさんに完敗です。
 先週日曜日、牧場のような斜面の下で犬を入れ着臭間もなく、50m程上の方にわずかにあるぼさから上向に道路を越えてケ、ケー・・・・・・
ならば今週は上から、犬を繋いで先週飛び立ったぼさの横
30m位の所を下りようか。さあここなら早立ちしても下向きで自由に撃てると思って、リードを外して前を見ると
きじが、紙飛行機のように海岸近くの草の中に下りた。
その手前には、海岸に平行して1列のあしが生えているが3m位の高さである。・・・・・・?
海岸から撃つ・・・きじがあしの下を這いぬけて上から飛び立つと上の道路向けてうてない。
 よし上から撃っても8割は手に入ったも同じ、右の端から犬を入れて30m左に移動した。
犬は見えないが音もしないのでポイント・・・・・・?
この付近は平地でもう少し後ろに下がれんかなー・・・・
ゴト、ゴト、ゴト、見えない、あしに平行し低空でケ、ケー・・・・・?  負けた・・・・ 
 今度の日曜日は、どうしたものかなー?

2008/01/30(Wed) 01:02:10 [ No.448 ]
◇ Re: 猟にでかけましょう 投稿者:   HomePage  引用する 

結果としては残念ですが逃げられる悔しさも又楽しです。
其の位の事でめげないで下さい。
そのうち何とかなりますよ!次も勝負といきましょう!
数週間前のある河川敷での話し従兄弟と弟の3人でゴトゴトとゆっくり飛翔する雉へ従兄弟が3発バン・バン・ズドン3発発射まだ撃てる距離弟が2発連射その後僕が片目つぶって真後ろから一発発射結局一枚の羽も残さず元気で飛び去ってしまった。
10日後に下向けて飛んだので目星をつけて今日は僕一人で勝負だ!
作戦の通り矢張り居ました!
中州を風下から攻める作戦に出た、風が強すぎて帽子が飛んでしまいそうな強風の中着臭したが永年追いまわされている雉なので走ってしまう100メートルくらい追跡してエリーが前方へ一気に走っていったので呼戻そうかと思った瞬間何かの殺気を感じ注意してみているとエリーが30メートルくらい前まで返って来てポイント!僕とはさみうちになった!
慌てて自慢の東京浜田銃砲製の水平2連へエレーの7号装弾を装填・・・前回と同じ雰囲気で大きな羽音でゆっくり左に向けて飛翔したゆっくり余裕で狙いを定め引き金を引く・・・鳴らない・・・安全を外してなかった!大笑
?・・・ってな事で少ない雉で結構楽しんでいます。ハハハ
2008/01/30(Wed) 13:00:34 [ No.449 ]

◆ 放鳥鶉の弊害云々? 投稿者:   HomePage  引用する 

 僕は、鳥猟犬の訓練に養殖した鶉を何時も使っているが、これは旨く用いれば大変素晴らしい事であります。
この技術の要点は、フィールドへ放した鳥を犬にポイントさせるのです。
 然し、或る人々にとって養殖した鳥を使用する事は議論の的である。
或る訓練者は、ほんの足しにしかならないか或は全く効果が無いと思い、ゲームに対し甘くなり、良い犬を台無しにする事があると考えている方も居ます。
 ゲームに対し甘くなるという意味は、ポイントに強烈さを失う傾向があると言う意味である。
又、他の人はポイントして尾を振ったり、知っていて知らぬ振りをしたり(ブリンキング)、見落したり(ドロッピング)するのを養殖鳥のせいにしています。
僕の経験では、これらの意見は経験の不足か、噂か、或は養殖鳥を使用を誤って教えた結果だと思います。
 この様な議論は実際に皆さんが経験した結果を主張しているので・・・?・・・結果的には全て正解なのです。
然し、これでは特に当地は自然鳥が少ない環境なので・・・この論議の的の迷路から脱出しなければ・・・!鳥猟犬に鳥を教えることが出来ません!
僕は40年前より鳥猟犬の訓練を始めて以来放鳥鶉を使っていますが良い結果だけで悪い結果は一度も経験していません。
ここで僕が見たり聞いたりした経験から、幾つかの失敗になる事柄と解説をしてみます。

1、仔犬の基礎訓育(年齢に応じた社会化や協調性等)・訓練(呼戻し・運搬等)が出来ていない?
 この様な仔犬を放鳥鶉に当ててポイントさせフラッシュさすと飛翔した鶉を追いかけて行き最後には銜えるかもしれない?
若し銜えたなら「持って来い」の運搬命令で運搬させ褒めてやる事で主人と共に狩をする楽しみと同時に「狩猟本能と協調性本能」に目覚め(本能を引き出す)ます。
若し運搬が出来なかったら鶉を銜えて逃げ回り「主人は!ノオ・待て・コイ」等と理解出来ない単語を使い大声で怒鳴りまくる始末?
仔犬は混乱して何をすれば主人が喜んでくれるか解らなくなり!本能的な特質を引き出すどころかチンプンカンプン・・・?
 又、飛翔した鶉が眼に入らなかった場合残臭に興味を持ち鼻を下げてガツガツと嗅ぎ回りだすと即カムイン(来い)の命令又は、声をかけてその場を立ち去る行動をとり次のバードフィールド(放鳥鶉に近く)へ誘導する事で鼻が下がってベタつく行動は回避出来るが!指示にも答えない場合は、仔犬にとって理解出来ない単語を発して混乱させてしまい結果として鼻の下がったベタつき犬にしてしまいます。

2、放鳥用の鶉をフィールドまで運ぶ時犬に絶対悟られない様に運搬する事が不可欠です。
 運搬の時は細心の注意をして犬に鶉の臭いが伝わらない所に積んで運搬する事です。
これを怠ると必ずフラッキングとかブリンキング等のゲームに甘くなる原因になります。

3、放鳥鶉は極力!放鳥器を使用しないことです。
 放鳥器で基礎訓練を行うと仔犬は本能の捜鳥能力を引き出すことが出来なく逃げ回る鳥の捜索技術の妨げになります。
放鳥器を頻繁に使って訓練した犬に良く見かける光景で?例えばFTの決勝コース等で放鳥した鶉や雉に対して近くへ接近してもポイント出来ず混乱している犬を見かけた経験があると思います。
これは犬の捜鳥能力に由来する結果で詳細な結論は書きませんが放鳥器の弊害で、其処に鳥が居たのか居るのかといった判断能力の欠如が原因です。

まだまだ色んな事が考えられるのですが立派な狩猟パフォーマンス犬にする為には、上述のような事柄から考えてみても!失敗の無い訓練方法は訓練を行なう前に「仔犬の社会化・訓育・訓練」が要求される為に「三つ子の魂百まで」と言われますが犬の発育年齢は人間の7〜10倍なので殖者重大な責任があるのです。

沢山自然鳥(小綬鶏はわいてました)が居た頃は鶉を5〜6羽使って主人との狩猟本能と協調性を旨く結びつける訓練を行い次からは自然鳥を相手に訓練しましたが自然鳥の減少した昨今置鳥訓練が頻繁に行なわれる事になるので失敗の無いように心がけたいものであります。

因みに、あの有名なエルヒュー犬舎のElhew Snekfoot は8ケ月齢までに800羽位の放鳥鶉に合わせていたそうです。

鳥猟犬は上述の様な事柄に従わなくても「鳥猟専門に」改良繁殖されている為にソコソコの狩猟パフォーマンスはするので「やれ鳥に弱い・鼻が低い・べたつく・協調性が悪い」等と犬のせいにして自己満足している方も居たりして本当に悲しい宿命だと思います。
2008/01/29(Tue) 21:36:14 [ No.447 ]

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | |

NO: PASS:

- KENT & MakiMaki -
Modified by isso